清菱建設|高気密・高断熱の注文住宅・リフォーム

清菱建設

清菱建設|高気密・高断熱の注文住宅・リフォーム

株式会社 清菱建設

〒123-0873
東京都足立区扇2-11-6
TEL:03-3890-1072
FAX:03-3854-1644
定休日:土曜日曜
お問い合わせ

施工例

パッシブデザインを用いた高気密・高断熱の ゼロエネルギー住宅

スーパーウォール工法
パッシブデザイン

施工例

◇木造2階建て
◇パッシブデザイン
◇ゼロエネルギー住宅仕様
◇住宅性能値 Q値1.9 C値0.5

冬は太陽の光を最大限に活かすため、南面に窓を大きく配置して
日射を取り込み、暖房エネルギーを抑えます。
断熱性能と気密性能を高めことで、エネルギーロスがなくなり
効率よく暖房することができます。

また、夏場は極力、日射を取り込みたくないので、
庇やルーバーなどで日射を遮蔽(しゃへい)し、冷房エネルギーを抑えます。
万が一、家にこもってしまった熱気は、あらかじめ設計した通風計画により、外に出します。
このときの風は、自然の風の流れなので、とても心地よく感じることができます。

風の流れは、地域や、敷地の状況、季節・時間帯などによってバラバラでありますが、
年間を通して特徴が現れるので、たとえば「夏の明け方は、東から吹く風が多いなど」、
この特徴をうまく利用して、窓の大きさや位置を設計することがとても大事になってきます。
これらの設計手法を総称して、パッシブデザインといいます。

日射のエネルギーは馬鹿にならないもので、写真撮影時の室温は約20℃を記録しました。
(12月中旬、正午頃、建築場所埼玉県川口市)
 もちろんエアコンなど暖房機器はどこの部屋においいても一切使用しておりません。
 ちなみに外気温は約10℃でした。
 冬場でも日中はエアコンを使用しなくても、快適に生活できるとのお話を頂きました。

施工例 写真1

▲ 冬場に南面に大きくとった窓から、太陽の光が入り込む様子

施工例 写真2

施工例 写真3

▲ 熱交換型の換気システムでロスなく計画換気を行う

施工例 写真1

▲ 太陽光発電により、エネルギーを創り出す

施工例 写真2

▲ 夏場、余計な日差しは取り込みたくないでも、風通しはよくしたい

施工例 写真3

施工例 写真1

▲ 体的に風を通す工夫

施工例 写真2

▲ LEDによる照明の省エネ化

問い合わせ
問い合わせボタン
ページTOPへ戻る